名古屋限定お土産「ゆかり黄金缶」通常版や金のえび天との違いは?

旅行

名古屋土産のなかでも、多くの種類が取りそろっているのが「えびせんべい」。もともと愛知は海老の名産地でもあり、数々の商品が販売されています。はじめて名古屋を訪れた方は、あまりにも種類が多くて迷ってしまうのではないでしょうか?

そんな「えびせんべい」のなかでも、定番中の定番といえるのが、坂角総本舖の銘菓「ゆかり」です。噛めば噛むほど甘くなる、香ばしく控えめな味は、おやつだけでなくおつまみにも最適。とくに金ピカ仕様の「黄金缶」は、名古屋限定商品なので、お土産に最適ですよ。

今回はそんな「ゆかり 黄金缶」をご紹介します!

名古屋のお土産に最適!坂角総本舖の銘菓「ゆかり」とは

坂角総本舖の「ゆかり」は海老のすり身をタップリと使用して、香ばしく焼き上げられたえびせんべいです。袋をあけた瞬間に広がる、香ばしい海老の香りがたまりません。

そしてザクザクと噛みごたえのある食感は、えびせんべい好きだけでなくても、ヤミツキになってしまいますよ。

1600年代に尾張藩主・徳川光友公に献上された「えびはんぺい」にルーツををもつ「ゆかり」は、1966年(昭和41)に坂角総本舖の3代目に名付けられています。すでに半世紀以上の歴史をもつ焼き菓子ということになりますね。

「えびはんぺい」とは、海老のすり身を炙り焼きにした漁師たちのおやつのようなものだったらしいです。

名前の由来は漢字の「縁」で、「人と人とを結ぶご縁の品」として使ってもらいたいとの願いが込められているとか。命名された時点ですでにお土産物として使われていたようですね。お土産にはもってこいの名前です。

また「ゆかり」は、高タンパクで低脂肪、カルシウム豊富なことから、ヘルシー志向の方にも人気のおやつ。女性にとっても嬉しいお土産ですね。

パッケージデザインにこだわり!ひときわ目を引く名古屋限定「ゆかり 黄金缶」

販売開始から50年以上を経た現在では、定番である黒缶の「ゆかり」だけでなく、春夏秋冬・祝い事・女性向けなど、さまざまなパッケージで展開されています。

その中でも、ひときわ目を引くのは名古屋限定として売られている「ゆかり 黄金缶」。缶だけでなく、包装紙も金ピカ。坂角総本舖のシンボル、海老のマークも金ピカです。

名古屋駅のお土産売り場の一角には、「ゆかり 黄金缶」が山のように積み上げられ、まばゆい光を放っていますよ。上の画像は10枚入の缶ですが、形的にも黄金っぽくて良いですね。ちなみに10枚入りは、918円税込です。

通常パックとの違いは?

「ゆかり 黄金缶」ですが、定番の黒缶バージョンとの違いは包装のみのようです。先程紹介した季節の化粧箱バージョンや祝い事用の「ゆかり 慶ノ箱」も、包装は違えど中身は同じ。また女性向け商品の「姫ゆかり」は、味をそのままに一口サイズにしたものです。

スポンサーリンク

このあたり、味へのこだわりが感じられますね。ただ金色の缶に入っていると、ひと味違って感じるのが不思議です。ぜひ名古屋を訪れた際には、手にとっていただきたい一品です。

同じ坂角総本舖の「金のえび天」との違いはザクザク感

今回は帰宅のついでに、JRタカシマヤ地下1階のお土産売り場に「ゆかり 黄金缶」を買いに行きました。次の日に親戚宅へ行くことになっていて、そのついでに購入した感じですね。

そこで目についたのが「ゆかり 黄金缶」の隣に置かれていた「名古屋金のえび天」という商品です。坂角総本舖の商品で、「ゆかり」と同じくえびせんべい。これは気になりますね。ということで、こちらも購入。食べ比べをしてみました。

こちらが個別包装のパッケージです。「名古屋金のえび天」のほうは、ポップな感じですね。モチーフはやっぱり金のシャチホコなんでしょうかね。値段は14枚入りで864円税込です。

公式ホームページをのぞいてみると、「名古屋金のえび天」のほかに、「北海道(2種類)」「東京」「京都」「大阪」バージョンも用意されているせんべいのシリーズのようです。

パッケージを開けて比べた画像です。左の「ゆかり」がひと回り大きいですね。色も濃くてだいぶ硬さがあり、ザクザクとした食感が好みであれば、「ゆかり」がおすすめです。

右の「名古屋金のえび天」は、サクッとした食感で、良くも悪くもスナック感がありますね。「ゆかり」より使われている小麦粉の量が多いのではないでしょうか。お子さん達へのお土産ならば、「名古屋金のえび天」が良いのではと思いました。

どちらも海老の香りがタップリで、香ばしくて美味しいので、お好みにあわせて楽しんでみてください。

お土産はここで!名古屋駅で「ゆかり 黄金缶」が買える場所

名古屋駅で「ゆかり 黄金缶」が買えるのは、

・ジェイアール名古屋タカシマヤ(地下1階)
・名鉄百貨店 本店(本館地下1階)

のほか、東海KIOSKなどでも購入できます。

ちなみに「名古屋金のえび天」の取り扱いは「ジェイアール名古屋タカシマヤ」のみのようです。ご注意ください。

また中部国際空港などでも取り扱われていますので、飛行機を利用の際にも購入できますよ。名古屋土産に最適なえびせんべい「ゆかり 黄金缶」をぜひお土産で楽しんでみてくださいね。

以上、「名古屋限定お土産「ゆかり黄金缶」通常版や金のえび天との違いは?」。。。でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました