名古屋港水族館のウミガメエリアを散策|赤ちゃん生まれた!

旅行

2020年7月、名古屋港水族館のアカウミガメの赤ちゃんが生まれ、話題になっていますね。

現在68匹の赤ちゃんが、ウミガメ回遊水槽横の水槽に展示されているようなので、これから脚を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

今回は昨年、ウミガメの回遊水槽がリニューアルされた際、散策していた画像があったので、ウミガメエリアをご紹介します!

スポンサーリンク

祝!名古屋港水族館でアカウミガメの赤ちゃんが生まれました!

先日(2020年7月)名古屋港水族館で生まれた、アカウミガメ赤ちゃんの映像が水族館の公式Youtubeチャンネルにアップロードされていました。かわいらしいですね。

8月現在、南館3階のウミガメ回遊水槽脇の子ガメ水槽で展示されているようです。軽食コーナー「トータス」の前あたりですね。

お母さんも名古屋港水族館で生まれたウミガメで、現在お婆ちゃんウミガメもあわせて、3世代のウミガメが見られるようですよ。

リニューアルされた名古屋港水族館のウミガメエリアを散策!

ウミガメの回遊水槽は南館にあります。名古屋港水族館の入場は、基本的にシャチやイルカなどがいる北館からとなるので、経路としては後半となりますね。

壮大な水中観覧席やメインプールがある北館と比べるとすこし地味な印象ですが、マイワシのトルネードが楽しめる「黒潮大水槽」や「赤道の海」、「ペンギン水槽」など南館も見どころタップリです。

お目当てのウミガメの回遊水槽ですが、パンフレットの経路順に館内をまわるとグレートバリアリーフの海をモデルにした南館2階の「赤道の海2」コーナーにあります。ディズニー映画でも人気のカクレクマノミやナンヨウハゼなどが展示されている水槽の向かい側になります。

老朽化のため2017年12月から改修工事に入っていたウミガメ回遊水槽ですが、2019年4月にリニューアルオープン。大きなガラスに張替えられ、格段に見やすくなったようです。前のガラスは、ウミガメの爪などで傷つけられて透明度が下がっていたようですね。

ちなみにこれが2017年9月に撮影した際の写真です。2019年の画像のときは上でライトアップしていたようなので、単純に比較はできないですが、ガラスの傷が画像でも写り込んでいましたね。撮影時は気づきませんでしたが、格段に見やすくなっているのは間違いないです。

新しくなった回遊水槽は、ほかにも擬岩のくぼみなどが見やすい形状に変更されたり、人工砂浜の砂を渥美半島のものに入れ替えたりされたようですよ。またくぼみの形状も、ウミガメの生息環境に近づけ、凹凸が大きくなっています。休憩などもしやすそうですね。

スポンサーリンク

休憩にももってこい!軽食コーナー「トータス」前には浜辺も用意

エスカレーターをひとつあがった3階にからは、回遊水槽を上から眺めることができます。筆者個人的にも大好きな場所で、スイスイと泳ぎ回るウミガメの姿を、上からのんびりと眺めていると時を忘れてしまいます。時間によっては飼育員さんが説明などもしてくれるようなので、ぜひチェックしてみてください。

回遊水槽脇に作られている砂浜にマイタイが上陸するときの画像。2017年時に撮ったものです。ゆっくりとはいずるように上陸する様子は、とても感動的。20分くらいみていまししたが、なんのために上陸したのかは不明です。ほかのカメたちは泳ぎ続けていたので、疲れていたというわけではないようです。

回遊水槽の前には軽食コーナー「トータス」。水族館内にはレストラン「アリバダ」もありますが、学生のデートなどにはこちらが向いているでしょう。ただこちらも少しお値段が高めなので、安く済ませたいなら敷地内に併設されている、JETTYのフードコートもおすすめです。名古屋めしも豊富にそろっていますよ。

ウミガメの赤ちゃんに会いに行こう!8月下旬までは入館に事前予約が必要

今回は昨年、名古屋港水族館のウミガメエリアを散策した際の画像を紹介しました。2020年7月には68匹のベビーウミガメが生まれ、しばらく展示されるようなので、ぜひ脚を運んでみてください。

ただこれから名古屋港水族館に行かれる方は、1点注意。2020年8月下旬まで、オンラインでの事前予約が必要になっています。(スマートフォンがない場合は代表電話から予約※052-654-7080)

夏場は涼しげな水族館への入場者が増えますが、コロナウィルス対策として「密」を避けるため入場制限がかけられているようです。また炎天下でチケットの販売口に並ぶのを防ぐ、熱中症対策の側面もあるようですので、仕方がないですね。

しかし入場制限によって普段の夏休みより、ゆっくりと館内をまわることができそうですね。このチャンスに、筆者もウミガメの赤ちゃんに会ってきます。最新の情報も随時アップしていきますね!ぜひこの先もチェックしてみてくださいね。

以上、「名古屋港水族館のウミガメエリアを散策|赤ちゃん生まれた!」。。。でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました