ピクサー・アニメーション・スタジオの中でも名作シリーズとして大人気の「トイ・ストーリー」。

その第2弾となる『トイ・ストーリー2』も大変人気が高い作品になりますね。

 

 

そんな「トイ・ストーリー2」ですが「いつの間にか見逃していた」とか「もう一度動画でチェックしたい!」。。。と動画を探している方もおおいのではないでしょうか?

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

そこで今回は、大人気ピクサー映画「トイ・ストーリー2」の動画をフルで無料視聴できるサービスを紹介します。

 

もちろん日本語字幕・吹き替えともに配信中です!

 

ちなみにアマゾンプライムでも、「トイ・ストーリー2」をはじめ、映画「トイ・ストーリー」シリーズの動画はレンタル配信されています。

ただし無料での配信ではなく、1作品につき299円~のレンタル配信になっています。

⇒【AmazonPrimeVideo】「トイ・ストーリー」の検索結果はこちらをクリック

 

 

映画「トイ・ストーリー2」の動画を無料するなら…

エンタメ総合サイト【music.jp】の無料お試しキャンペーンがおすすめです。

 

⇒【music.jp】30日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【music.jp】の無料おためしキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・動画・音楽・マンガ…見放題作品が30日間無料!
・有料コンテンツに使える600円分の無料ポイント
・新作動画に使える1000円分の無料ポイント

。。。というもの。

動画(新作含む)だけ利用する場合は、計1,600円分の無料ポイントが使えます。

またmusic.jpのコンテンツは、国内最大級の品揃え。話題のヒット曲や人気のマンガ、書籍など835万点以上のコンテンツが利用可能です。

 

-【music.jp】で配信されている映画「トイストーリー」シリーズ-
・『トイストーリー』(1995年)
・『トイストーリー2』(1999年)
・『トイストーリー3』(2010年)
・『トイ・ストーリー4』(2019年)

 

トイストーリー 動画 フル

 

映画『トイ・ストーリー』シリーズは、1本299円~でレンタル配信されていますので、あわせてもらえる1,600円分の無料ポイントを使えば、シリーズ全4本まとめて無料で視聴できます!

 

また【music.jp】では『トイ・ストーリー』だけでなく、ピクサーアニメーション作品も充実!

以下のようなピクサー作品も動画配信されています。

・『トイ・ストーリー』(1995年)
・『バグズ・ライフ』(1998年)
・『トイ・ストーリー2』(1999年)
・『モンスターズ・インク』(2001年)
・『ファインディング・ニモ』(2003年)
・『Mr.インクレディブル』(2004年)
・『カーズ』(2006年)
・『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
・『ウォーリー』(2008年)-TV配信のみ
・『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
・『トイ・ストーリー3』(2010年)
・『カーズ2』(2011年)
・『メリダとおそろしの森』(2012年)
・『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
・『インサイドヘッド』(2015年)
・『アーロと少年』(2016年)
・『ファインディング・ドリー』(2016年)
・『カーズ/クロスロード』(2017年)
・『リメンバー・ミー』(2018年)
・『インクレディブル・ファミリー』(2018年)
・『トイ・ストーリー4』(2019年)
・『2分の1の魔法』(2020年)

この機会にピクサー作品をイッキ見してはいかがでしょうか。

 

ちなみに当ページのリンクから登録すると、継続後にもらえる月々の無料ポイントが総額5,458円になる限定特典の対象になります。
 
動画サービスとしては破格の、5,458円分の無料ポイントが毎月もらえますのでとてもお得。新作動画にも対応していますので映画好きの方におすすめです。
 
もちろん必要ないと思えば解約してもOK。そのためのお試しキャンペーンですので、ぜひのぞいてみてください!

 

本ページの情報は2022年6月時点のものです。
最新の配信状況は 【music.jp】の 公式サイトにてご確認ください。

⇒【music.jp】30日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

 

映画「トイ・ストーリー2」の感想(ネタバレ注意)

 

▼クリックしてね!(コンテンツが開きます)

「トイ・ストーリー」はおもちゃ目線でおもちゃたちの生きる世界を描いた、ピクサーアニメーションスタジオ製作の大人気CGアニメーション映画です。

「トイ・ストーリー2」は大ヒットを飛ばした「トイ・ストーリー」の続編として日本では2000年に公開されました。

「トイ・ストーリー」はカウボーイ人形のウッディを主人公とし、相棒のスペースレンジャーのバズ・ライトイヤーやミスターポテトヘッド、レックスなどおなじみのおもちゃたちが大活躍するファンタジー・アドベンチャー・コメディですが、「トイ・ストーリー2」ではさらにキャラクターも充実し、カウガール人形のジェシーと愛馬のブルズアイが新たな仲間に加わります。

ジェシーの悲しい過去やおもちゃマニアがモラルを欠いた収集の仕方をする様子など、哀愁や皮肉がほどよく取り入れられ、ただ楽しいだけのコメディアニメに収まらないストーリー展開が高く評価されています。

子どもは楽しいキャラクター達に楽しませてもらい、大人は笑いの中にも「かつての自分もおもちゃに酷いことをした」と反省させられる部分もあり、深い感慨を持ってみることができる映画です。

何度もこのシリーズを見返したりしていますが、見るたびにこのシリーズの世界観が好きだなと思っています。

とにかく可愛い世界観。

いちおう大人ですが、それでも画面を見ながら一喜一憂している自分がいます。

スリルあふれる物語の展開とはしばしに盛り込まれるコメディ要素、そしてピクサーらしい友情の大切さをたたえるメッセージ。

最高です。

 

▼クリックしてね!

「トイ・ストーリー2」は1999年に公開された映画で内容はウッディがおもちゃ屋で働いているアルという人物にさらわれてしまい、ウッディの友人であるバズやポテトヘッド、スリンキー・ドッグ、ハム、レックスが助けに行くというお話しです。

評判は良く、「トイ・ストーリー」の作品の中だと2が一番面白いという人たちがとても多くいました。

最初のトイ・ストーリーがすごい人気があったため、2作品目でも期待を裏切らない面白い作品でますます人気が出てきました。

評価もとても良く、ウッディがどうなってしまうだろうという心配になったという感想やこの作品で有名になった名言である「走れ風のようにブルズアイ」が聞けて良かったなどのハラハラドキドキで時には面白いシーンがあるという評判でした。

特に高評価の理由は個性的なキャラクターです。

「トイ・ストーリー2」はアルというウッディを盗むずる賢い悪役やベルト付きのニューバズ・ライトイヤーなど一度見たら忘れない印象的なキャラクターも見どころのひとつとなっています。

始めの方でも一回見た方でも楽しく見れる映画だと思いますが、できれば1作目を先に鑑賞しておいたほうがより作品を楽しめると思います。

またスターウォーズやジュラシックパークなどのパロディなども盛り込まれて、子供だけでなく大人も楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっています。

あたらしいキャラクターのジェシーやブルズアイ、プロスペクターなど「アンディのラウンドアップ」の仲間勃ちが出てきて、アンディの過去を知れたのがとてもよかった。

 

▼クリックしてね!

大人も子どもも楽しめる作品が多いディズニー・ピクサーのアニメ。

「トイ・ストーリー」シリーズもその中のひとつですが、このシリーズの二作品目である「トイ・ストーリー2」の評価・評判とはどのようなものなのでしょうか。

まず、高評価をする人の意見としてはハイクオリティなCGやテンポの良い展開に加え、映画のパロディやNG集などの遊び心なども施されおり、大人も子どもも楽しめる作りとなっているのが魅力的なようです。

また、明るく楽しいだけではなくおもちゃたちの複雑な心情を描く少し切ないシーンなどがあり、心に残る作品となっているようです。

一方で低評価をしている人の意見としては、キャラクターが喋りすぎている、乱雑でテーマが定まっていないという印象を受けるようです。

また、「トイ・ストーリー2」そのものの評価としてはあまり高くないけれどシリーズものであるということもあり「トイ・ストーリー3」への伏線となっているという点で良い評価をする声もあるようです。

個人的には、1作目のような暴力描写やドキッとさせられるような展開はなく、ウッディやバズたちおもちゃたちの背景や心情などがより深く描かれていると思いました。

あと吹き替えの唐沢寿明さんや所ジョージさんの声があいかわらずとてもよかったです。

性格的にはあまり好きになれないウッディやバズですが、声のおかげでなんか許せます^^

物語的には文句なく、前作にも負けないくらいよく出来ていました。

さすがジョン・ラセターだとうなるしかない。

あいかわらずいい作品だなぁ。

 

▼クリックしてね!

前作ではバズ・ライトイヤーにスポットを当てたストーリーでコンセプトは友情なのに対し、今作では主人公であるウッディにスポットを当ててコンセプトはおもちゃの価値についてです。

壊れた玩具や飽きられたおもちゃが売られていく中、主人公のウッディが仲間の救出に向かうところ、実はウッディは希少価値のあるオモチャであることを知っているマニアに盗まれてしまい、バズライトイヤーが救出しにいきます。

しかし、希少価値がある玩具として博物館で子供たちの憧れとなるか、身近なオモチャとなるか葛藤するウッディと説得する仲間たち。

王道である友情話はもちろん、使い捨ての現代においておもちゃの価値とは何か、とても考えさせられるストーリーは一見の価値ありだと感じました。

そして前作と同様、おもちゃにも気持ちがあるということを全力で訴えている内容になっています。

「トイ・ストーリー2」は子供を授かった世代の方ににぜひ見てほしい映画だと考えます。

とくに今回はバズとニセバズとのカラミが笑えるし、いくつかの名作映画のパロディなどが入っていて楽しいです。

また簡単ではあるけれどサスペンス要素も盛り込まれいろいろな意味でどきどきできます。

基本的なテーマは前作よりも重く、単に楽しいだけの作品になっていないのも良いと思いました。

ジェシーのある重要なシーンで、流れる歌がせつなくてヤバイです。

あれじゃ大掃除の季節、何も捨てられなくなってしまいます。

あいかわらず所さんのバズの声が、絶妙でいい味だしていました。

 

▼クリックしてね!

「トイ・ストーリー2」楽しく鑑賞しました。

1作目を見てこんなに楽しく、どきどきするアニメーション作品があったのかとびっくりしたのですが、今作も負けず劣らずしっかり作られています。

バズとウッディの友情を描いた前作からかわって「いつかは遊ばれなくなるおもちゃの気持ち」をメインテーマなのかなと思いました。

カウガールのジェシーという存在を通して、自分の価値観を揺らされるウッディですが、やはりアンディへの愛を捨てられません。

これって子供へのメッセージでもあるようですが、大人だからこそ分かるものだと思います。

子どもたちにはドタバタのコメディやテンポの良いストーリー展開で楽しませ、大人にはせつないメッセージで泣かせる。

そんな珍しい作品だと思います。

ちなみにうちの子供はこの作品が前から大好きで、何回も見ています。

選ぶオモチャもアンディと同じものばかり選んで、部屋にはウッディや仲間たちがいっぱいいるのですが、うちの子にもずっと大切にしてほしいなと思いながら観ていました。

とくに好きなのは埃を被って鳴けなくなってしまったペンギンの人形ウィージーのエピソードと、バズとザーグの絡み。

あとオモチャたちが道路を横断するところと、オモチャ修理屋さんの見事な手際のシーンも楽しかった。

日本公開されたのが2000年となっていて、ずいぶんたったなぁと感慨深いです。

子供の影響で観たのですが、この映画がなぜこれほどの影響力をもっていられるのか納得出来ました。

 

 

おすすめの記事
スポンサーリンク