ピクサー・アニメーション・スタジオといえば映画『トイストーリー』。

ウッディやバズたちおもちゃたちが大活躍するアニメーションが大ヒットし、ピクサーの大出世作として今でも大人気ですよね。

感動的な物語展開も素晴らしく、私も大好きな作品です。

 

 

そんな「トイ・ストーリー」ですが「いつの間にか見逃していた」とか「もう一度動画でチェックしたい!」。。。と動画を探している方もおおいのではないでしょうか?

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

そこで今回は、ディズニー&ピクサー映画「トイ・ストーリー」の動画をフルで無料視聴できるサービスを紹介します。

 

もちろん日本語字幕・吹き替えともに配信中です!

 

ちなみにアマゾンプライムでも、「トイ・ストーリー」をはじめ、映画「トイ・ストーリー」シリーズの動画はレンタル配信されています。

ただし無料での配信ではなく、1作品につき299円~のレンタル配信になっています。

⇒【AmazonPrimeVideo】「トイ・ストーリー」の検索結果はこちらをクリック

 

 

映画「トイ・ストーリー」の動画を無料するなら…

エンタメ総合サイト【music.jp】の無料お試しキャンペーンがおすすめです。

 

⇒【music.jp】30日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【music.jp】の無料おためしキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・動画・音楽・マンガ…見放題作品が30日間無料!
・有料コンテンツに使える600円分の無料ポイント
・新作動画に使える1000円分の無料ポイント

。。。というもの。

動画(新作含む)だけ利用する場合は、計1,600円分の無料ポイントが使えます。

またmusic.jpのコンテンツは、国内最大級の品揃え。話題のヒット曲や人気のマンガ、書籍など835万点以上のコンテンツが利用可能です。

 

-【music.jp】で配信されている映画「トイストーリー」シリーズ-
・『トイストーリー』(1995年)
・『トイストーリー2』(1999年)
・『トイストーリー3』(2010年)
・『トイ・ストーリー4』(2019年)

 

トイストーリー 動画 フル

 

映画『トイ・ストーリー』シリーズは、1本299円~でレンタル配信されていますので、あわせてもらえる1,600円分の無料ポイントを使えば、シリーズ全4本まとめて無料で視聴できます!

 

また【music.jp】では『トイ・ストーリー』だけでなく、ピクサーアニメーション作品も充実!

以下のようなピクサー作品も動画配信されています。

・『トイ・ストーリー』(1995年)
・『バグズ・ライフ』(1998年)
・『トイ・ストーリー2』(1999年)
・『モンスターズ・インク』(2001年)
・『ファインディング・ニモ』(2003年)
・『Mr.インクレディブル』(2004年)
・『カーズ』(2006年)
・『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
・『ウォーリー』(2008年)-TV配信のみ
・『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
・『トイ・ストーリー3』(2010年)
・『カーズ2』(2011年)
・『メリダとおそろしの森』(2012年)
・『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
・『インサイドヘッド』(2015年)
・『アーロと少年』(2016年)
・『ファインディング・ドリー』(2016年)
・『カーズ/クロスロード』(2017年)
・『リメンバー・ミー』(2018年)
・『インクレディブル・ファミリー』(2018年)
・『トイ・ストーリー4』(2019年)
・『2分の1の魔法』(2020年)

この機会にピクサー作品をイッキ見してはいかがでしょうか。

 

ちなみに当ページのリンクから登録すると、継続後にもらえる月々の無料ポイントが総額5,458円になる限定特典の対象になります。
 
動画サービスとしては破格の、5,458円分の無料ポイントが毎月もらえますのでとてもお得。新作動画にも対応していますので映画好きの方におすすめです。
 
もちろん必要ないと思えば解約してもOK。そのためのお試しキャンペーンですので、ぜひのぞいてみてください!

 

本ページの情報は2022年6月時点のものです。
最新の配信状況は 【music.jp】の 公式サイトにてご確認ください。

⇒【music.jp】30日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

 

映画「トイ・ストーリー」の感想(ネタバレ注意)

 

▼クリックしてね!(コンテンツが開きます)

映画「トイ・ストーリー」の評判はかなりいいようですね。

1作目ですから、キャラクター達にも新鮮さがあり、何をしても新鮮さでまず子供たちに喜んでもらえるということがありました。

特に3D映像で作られていて、当時としてはかなり最先端技術が盛り込まれていたので、そうした意味でも新鮮さがありました。

ある意味では3Dアニメを世に流行らせたということもいえるのかもしれません。

ストーリーもしっかりとしているというか、観客が同意できるようなものが多いところがあり、共感してもらうことが出来るというところも高い評価を受ける理由の一つでしょう。

もちろんアニメのキャラクターがリアルに面白い動きをするのも魅力です。

アニメですから、当然といえば当然ですが、ハチャメチャあり、ピンチありとさまざまな場面が展開するので、子供にはたまらないアニメとなったといえるでしょう。
シリーズ化されていることを見ても、この1作目はかなり良かったと評価していいようですね。

個人的な感想としては、ウッディの声を担当した唐沢寿明さん、所ジョージさんが演じたバズの声がそれぞれのキャラクターにとてもマッチしていて大好きです。

そしてミスター・ポテトヘッドの声はなんと名古屋章さん。

とても懐かしい素敵な声ですね。

監督はピクサーの象徴ジョン・ラセター。

そして脚本に後年に「アベンジャーズ」や「ジャスティス・リーグ」などの監督を務めることになるジェス・ウェドンなどの名前もみえてビックリしました。

ピクサーの代表作として、絶対にかかせない作品だと思います。

 

▼クリックしてね!

「トイ・ストーリー」はシリーズの1作目で、ディズニー初の3DCGアニメーションです。

今でこそCGを使ったアニメーションは一般的となりましたが、昔はセルアニメといって手書きのアニメが主流でした。

そのセルアニメの流れを変えたのが、世界でもセルアニメの第一人者だったディズニーというから驚きです。

ただ当初ディズニーのなかで、CGアニメーションはそれほど期待されているわけではなかったようです。

それは「トイ・ストーリー」の制作がピクサーという出来たばかりのなんの実績もないスタジオだったことからもわかります。

ピクサーを率いていたのは「トイ・ストーリー」を監督するジョン・ラセターで、彼は1作目の監督や脚本など多くの仕事を掛け持ちして苦労しながら完成にこぎつけます。

全く新しい映像表現ですから、世間に受け入れられるかと心配だったといいますが、公開すると批評家は絶賛、観客からも愛されてました。今ではディズニー映画の看板の一つです。

しかし2018年のいま見ていみると、CGアニメにはすこし違和感が残ります。

物語の中心であるおもちゃのキャラクターたちはよくできているのですが、人間の表現などには現在の作品とくらべるとどうしても見劣りしてしまいます。

しかし、そんなことは忘れてしまうほどのストーリーの秀逸さ。

そしてよく作り込まれたキャラ設定。

子供向け作品だと思っていたら正直意表を疲れました^^

いつまでも心のなかにもち続けていたい作品です。

 

▼クリックしてね!

ピクサー・アニメーション・スタジオの代表作。

沢山の夢や教訓がつまっていて、自然と心のなかに生き続ける、まさにオモチャ箱のような作品。

キャラクターひとつひとつが個性的で、本物の子供のオモチャ箱のなかのように統一感はないのに、まとまっていてみているコチラも愛着を持たずにはいられません。

子供の遊びはそのキャラの背景やストーリー性など何の関係なく全部ごった煮のように遊んでいる。

そんな光景が思い浮かみます。

まらカーボーイ人形ウッディが、持ち主アンディに対する愛情は健気すぎて胸が苦しくなるほど切ない。

ストーリー展開もしっかりしていて一切のスキがありません。

あとシドの部屋のオモチャたちの登場シーンにはゾッとしましたが、これ「じつは私もやったなー」って。。。

こっちにも共感できてしまったのには、冷や汗が止まらなくなりました。

それにくらべるとMr.ポテトヘッド・スリンキー・バケットソルジャー、バレル・オブ・モンスターなどなどオモチャ箱のみんなに愛されているアンディーは幸せだなぁ。

ディズニー初のCGアニメということですが、なかなかこれを超える作品にはめぐりあえません。

強いて言うならシリーズ3作目が最高に素敵な作品ですが^^

それほど内容的にも完成度のたかい作品に仕上がっていると思います。

ウッディやバズ・ライトイヤーもいいですが、すこしだけ出てくるリトルグリーンメン(三つ目のエイリアン)がツボです。

ダイヤモンド☆ユカイさんの主題歌「君はともだち」はとても素敵な曲なので、家族皆だいすきです。

 

▼クリックしてね!

「トイ・ストーリー」1作目は、世界的に大きな成功を収めました。

アニメーションというと映画界では日陰のような存在で、アカデミー賞の候補に挙げられることもなければ、子供の見る映画と考えられて、批評家からは見向きもされません。

この見方を一挙に変えたのがこの「トイ・ストーリー」。

それほど伝説的な作品になっていて「トイ・ストーリー」には大人も唸らせるような魅力があります。

「トイ・ストーリー」はおもちゃたちが実は命をもっていて、人間たちに気づかれないように暮らしているという設定ですが、これは長年子どもたちに愛されるキャラクターを作ってきた制作者たち自身の姿でもあるといいます。

だから新しいおもちゃがきたときにあっさり捨てられるんじゃないかという、キャラクターたちの不安は制作者の不安をそのまま映したものになっています。

この映画のテーマを実感をもって描いているのだと思います。

だから、この映画にはキャラクターたちの生命感に溢れています。

それが批評家をうならせ、大人を感心させ、子どもたちを喜ばせた秘密でしょうね。

怖がりのウチの娘は、シドの家のおもちゃたちの異様な風貌に怖がりまくっていましたが、クライマックスになると手に汗握ってみていました。

大人と子供が一緒にそろって楽しめるというのはいいですね。

これがPixarの1作目というこには驚きです。

自分のおもちゃが動いたら怖いって子供の頃には思っていたのですが、この作品が払拭してくれました。

もう何回かわからないくらい何回もみています。

 

▼クリックしてね!

今でこそディズニー映画はホリデーシーズンの定番で、映画が公開されればほとんどの映画がヒットする巨大な企業になりましたが、冬の時代がありました。

そんな冬の時代から春の時代への転換となったのがジョン・ラセターが作った「トイ・ストーリー」だとおもいます。

ディズニーの子会社であるピクサーの初の3DCG映画でもあります。

アニメが公開されると、全く新しい映像に子供はもちろんのこと大人も熱狂します。

アメリカの批評家のほとんどが絶賛し、全米で大ヒットし、日本でも当時の記録を乗り越えるほどにヒットしました。

ディズニーはこの映画で完全に復活し、アニメ映画は手書きの時代からCGの時代へと劇的に変わりました。

バズ・ライトイヤー、アンディなど魅力的なキャラクターも生まれ、いまではミッキーマウスやドナルドダックなどに匹敵する人気がありますね。

1作目の成功を受けて2作目、3作目も大ヒットし、また新しいシリーズも始まるようです。ディズニー映画の新しい看板になりました。

ここからは感想となりますが、子供向けアニメと侮ってはいけません。

ギャグはあざとすぎないし、物語もしっかりしています。

自らの持つ限られた力にもかかわらず、知恵や勇気、そして仲間たちと一緒に困難にたちむかっていく姿。

それが個性豊かなおもちゃたちだからこそ逆に説得力があって、胸が熱くなりました。

あとぬいぐるみキャッチャーやシドの部屋など、どきっとさせられるシーンもあって、大人も考えさせられます。

とはいえ、なにも考えずただただ楽しめる作品でもあります。

 

 

おすすめの記事
スポンサーリンク