中村佳穂Wikiプロフ!結婚や若い頃は【鈴ベル役・竜とそばかすの姫】

中村佳穂 wiki 国内タレント

2021年7月16日公開の細田守監督作品「竜とそばかすの姫」のヒロイン、鈴(すず)・ベル役の声を担当することが発表された、シンガソングライターの中村佳穂(なかむらかほ)さん。

同映画の主題歌を担当することは、前から発表されていましたが、主役の声もあわせて担当。

オーディションの末に、抜擢されたという声優も、細田守に絶賛されています。

 

ちなみに主題歌はKing Gnuの常田大希さんが主催する、millennium paradeとのコラボとなっています。

曲のタイトルは「U」。先日「U」が使われた予告も公開になりました。(「U」はmillennium parade × Belle名義で7月12日に配信リリース)

 

なんとも壮大なイメージの曲ですね。映画のほうも楽しみです。

今回はそんな大注目の中村佳穂さんのWiki風プロフィールやパートナー、若い頃の活躍などをリサーチしてまとめました。

 

スポンサーリンク

中村佳穂のWiki風プロフィール

https://twitter.com/KIKI_526/status/1400093302695743488

 

名前:中村佳穂(なかむら かほ)

生年月日(年齢):1992年5月26日(29歳)
身長:不明(155cm前後との情報あり)

出身地:京都府
出身校:京都精華大学人文学部卒業
職業:シンガソングライター・アーティスト(歌・ピアノ)
所属:
AINOU
公式サイト:中村佳穂 オフィシャルサイト
公式Twitter:@KIKI_526
(2021年6月現在)

声に特徴があり、歌がめっちゃ上手いのでなんとなく想像はつきましたが、本業はミュージシャンです。

2019年には、関ジャム完全燃SHOWで楽曲の「きっとね!」が取り上げられ話題になっています。

Kaho Nakamura – Kittone! [Official Music Video]

Twitter上でも、話題になっていますね。

https://twitter.com/SUZUsugarstar/status/1400272674157305858

ディレクターのおすすめとしても何度が登場していました。

本格的に注目を浴びたのは、関ジャムの人気企画「売れっ子音楽プロデューサーが選ぶ2018年の年間ベスト10」の選出です。

Twitterを見ているとやっと注目されたと喜ぶ声が、多く上がっています。

ミュージシャンとしての経歴もまとめましょう!

 

主な経歴:

2016年以前-二十歳のときに本格的に音楽活動をスタート、2014年にアルバム「口うつりロマンス」をリリース

2016年-中村佳穂BANDとして「FUJI ROCK FESTIVAL」に出演、7月に「リピー塔がたつ」をリリース

2018年-アルバム「AINOU」をリリース

2019年-「きっとね!」のMVを公開し関ジャムSHOWで話題に、「FUJI ROCK FESTIVAL2019」に出演、LIQUIDROOMでワンマンライブ

 

その他にも2018年に映画の劇伴を担当したり、さまざまなライブイベントに出演したりと活躍してきたようですね。

ただ本格的なテレビ出演などはないようなので、2021年に入って常田大希さんとのコラボや、細田映画の主人公役ゲットで、一気にブレイクといった印象をもつ人も多いでしょう。

それにしても20歳から本格的に音楽をはじめたというのは驚きです。

中村佳穂に結婚相手や彼氏はいる?

https://twitter.com/KIKI_526/status/1304762020013563905

 

さて気になるのは、彼氏や結婚相手の存在ですよね。

ただ現時点では、どちらの情報も明らかにはなっていません

29歳という年齢やアーティストとしての活躍ぶり、ルックスなどを考えると恋人の1人や2人はいても違和感ないですし、結婚していても不思議ではないですね。

「鬼滅の刃」のテーマ曲で一気にブレイクした、同じく女性ミュージシャンのLISAさんも、突然の結婚していたことをカミングアウトした件もあります。

現在急上昇中の注目アーティストなので、好評はしづらいと思いますが、いずれそんな噂も流れるかもしれませんね。

今後も続けてチェックしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

中村佳穂は若い頃何をしていた?20歳から音楽活動を本格化

 

先程もすこし触れましたが、中村佳穂さんのプロフィールには「京都精華大学に入学した20歳から本格的に音楽活動をスタート」と書かれているようです。

なんとも驚きですよね。では、それまでは何をしていたのでしょうか。

その答えを、中村佳穂さんはCINRA.NETのインタビューでこう答えています。

高校のときは美術部の半幽霊部員みたいになりながら、美術の大学を目指していたんです。その一方で、吹奏楽部でフルートとサックスと学生指揮をやってたので、毎日どっちもやってた感じですね。大学に入る直前まで、どっちの道に進むか悩みに悩み続けて……というか、幼稚園のころから悩み続けてた(笑)。

CINRA.NETより引用

 

さらに若い頃のことをこう語っています。

幼いころから歌を歌うことと絵を描くことが大好きで、鼻歌を歌いながら何時間も絵を描いてるような子どもでした。両親が教師で、いろいろ習い事をさせくれてたんですけど、そのなかでも音楽と絵が特に好きだったみたいです。

CINRA.NETより引用

 

どうやら絵と音楽はずっと続けていて、大学進学と同時に本格的に音楽の道を志したということです。

音楽的な素養というのは、すでに幼い頃から培われていたようですね。納得ですw

 

そんなミュージシャン中村佳穂さんの活躍ぶりもすこし紹介しておきます。

こちらも話題のダンサーyurinasiaさんが、中村佳穂さんの「アイアム主人公」で個性的なダンスを披露してくれています。

中村佳穂 – AINOU(FUJI ROCK 19)

こちらはFUJIロックのライブ映像。

どちらも2018年にリリースされたアルバム「AINOU」に収録されています。

【まとめ】中村佳穂は

では今回、中村佳穂さんの話題のまとめです。

・2021年、細田守監督作品で一気にブレイクの兆し
・鬼滅・LISAばりの結婚カミングアウトにも期待
・幼稚園の頃から絵の道か音楽の道か悩んでいた

 

以上、「中村佳穂Wikiプロフ!結婚や若い頃は【鈴ベル役・竜とそばかすの姫】」。。。でした。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました