ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|あらすじを簡単に【読書感想文】

映画

どうも、ライターのブン吉です!

今回は大人気シリーズ「ハリーポッター」の第3作目。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを簡単に、140文字と1400文字で紹介します。

では、

  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを140文字で簡単に
  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを1400文字で時系列に

の順番で紹介していきます!

スポンサーリンク

【読書感想文の参考に】「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを140文字で簡単に

まずは140文字で「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを紹介します。

ハリーの両親の親友であったというシリウス・ブラック。シリウスはハリーの両親を裏切り、大量殺人を犯した凶悪犯であると噂されています。

ハリーと仲間たちは、この噂が間違いであることを知り、シリウスの危機をタイムターナー(逆転時計)を使って救う。

※タイムターナー(逆転時計)とは「一種のタイムマシン」

スポンサーリンク

さらに詳しく!「ハリー・ポッターと賢者の石」のあらすじを1400文字で時系列に【ネタバレあり】

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3) | J.K.ローリング, J.K.Rowling, 松岡 佑子 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでJ.K.ローリング, J.K.Rowling, 松岡 佑子のハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)。アマゾンならポイント還元本が多数。J.K.ローリング, J.K.Rowling, 松岡 佑子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)もアマゾン配送商品...

140文字ではすこしサラッとしすぎているので、つぎは1400文字で「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじをまとめます。

ネタバレを多く含みますので、ご注意ください。

①2回目の夏休み

魔法学校2回目の夏休み。ある日、ハリーは怒りの発作により、魔法を使ってマージおばさん膨らましてしまいます。

家出したハリーは、夜の騎士バス(ナイトバス)でロンドンに行き、魔法大臣のファッジに保護されました。

そこでハリーは、ウィーズリー氏からアズカバンを脱獄した「凶悪犯」シリウスの話を聞くのです。

その話では、シリウスは闇の帝王への忠誠心から、ハリーの命を狙っているというのでした。

②守護霊を出す特別訓練

魔法省はシリウスの襲撃を防ぐため、ホグワーツを吸魂鬼(ディメンター)に護衛させていました。しかし過去に恐怖体験をもつハリーは、吸魂鬼の影響を受けやすく、2度も吸魂鬼に襲われます。

そこでルービン教授は、ハリーのためにまね妖怪(ボガート)に吸魂鬼の姿をとらせて守護霊を出す、特別訓練を行いました。

③シリウスへの敵意

ハリーは、ウィーズリー家の双子がフィルチからかすめとった「忍びの地図」を受け取ります。

この地図により城の抜け道を知ったハリーは、城外のホグズミード村に行き、そこで教授たちの会話を聞いてしまうのです。

その話によると、シリウスはハリーの名付け親で、両親を裏切った人物といわれています。それを聞いたハリーは、シリウスに激しい敵意を抱くのでした。

④バックピークの処刑が決まる

年度末のある日、ドラコに怪我を負わせたバックビークの処刑が決まります。

そしてハリーたちは、ハグリッドの小屋の付近で、処刑人が斧を振り下ろす音を聞くのでした。

※バックビークとは「ハグリッドが世話をするヒッポグリフ(前半身が鷲で、後半身が馬の動物)」

⑤真犯人が判明

その後、ロンが犬に襲われ、「叫びの屋敷」へ連れ去られてしまいます。ハリーとハーマイオニーはロンを追いかけ、屋敷内へ。

そこでハリーたちは、犬に化けていたシリウスに出会うのでした。するとそこにルーピン教授、スネイプ教授も現れます。

最初ハリーたちは、ルーピンが犯罪者・シリウスを手引きしたと疑いました。しかしやりとりするうちに、2人とも潔白で、ハリーの味方であることがわかります。(その間スネイプは気絶していて、真相を知ることはありません。)

このやりとりの中で、スキャバーズ(ロンのペットのねずみ)に化けていたペティグリューが正体を現します。

そしてハリーの両親を裏切り、大量殺人を行った犯人は、ペティグリューであることが明かされます。

その後シリウスは、後見人としてハリーと暮らすことハリーに提案。ハリーは喜ぶのでした。

⑥吸魂鬼と牡鹿の守護霊

地下通路を戻り、校庭に着くと、じつは狼人間だったルーピンが、月の光を浴びて狼になります。

ルーピンと戦ったシリウスは怪我を負い、さらにハリーとともに吸魂鬼に襲われてしまいます。

その瞬間、ハリーは誰かが牡鹿の形の守護霊を出し、自分たちを救うのを見るのでした。そしてハリーは、気を失ってしまいます。

病室で目覚めたハリーは、魔法省が吸魂鬼によってシリウスを処刑しようとしていることを知るのでした。

⑦タイムターナー(逆転時計)を使っての解決

その後ダンブルドアの指示により、ハリーとハーマイオニーは、タイムターナーで3時間前に戻ります。

そこで、バックビークを救い出し(斧を振るったのはハリーたちだった)、ハリーが牡鹿の守護霊を出して過去の自分とシリウスを救い、バックビークを使い、処刑寸前のシリウスを解放します、

3時間を使い果たして現在に戻ると、まだシリウスが凶悪犯だと信じていたスネイプは、シリウスの逃亡を知り反狂乱になるのでした。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|あらすじを簡単に【読書感想文】:まとめ

このページでは、

  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを140文字で簡単に
  • 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のあらすじを1400文字で時系列に

について紹介しました。

ハリーポッターシリーズ第3作目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、壮大なタイムループ物でした。

あらすじを読んで、さらに詳しく知りたくなった方は、ぜひ書籍や映画で楽しんで見てください。

 

以上、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人|あらすじを簡単に【読書感想文】』。。。でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました